ホーム › 静岡製機について › 会社沿革

会社沿革

大正3年 鈴木貞三郎個人経営にて製莚織り機の製造販売を始める。
昭和13年 株式会社に組織を変更し、鈴木製莚機製造株式会社と名称を改め、鈴木貞三郎社長に就任。
昭和16年 同業3社を合併して資本金18万円で静岡製莚機製造株式会社を設立。鈴木貞三郎初代社長に就任。
昭和24年 資本金100万円に増資。
昭和27年 鈴木伊作社長に就任。(2代)
昭和28年 鈴木重夫社長に就任。(3代)
資本金300万円に増資。
昭和32年 通風乾燥機の製造販売を開始。
昭和33年 商号を静岡製機株式会社と改称。
昭和37年 資本金600万円に増資。
昭和38年 資本金1,200万円に増資。
昭和39年 中小企業合理化モデル工場に指定される。
5月 資本金2,100万円に増資。
8月 資本金3,600万円に増資。
昭和40年 資本金7,200万円に増資。
昭和43年 6月 浅羽工場操業開始。
穀物用循環型乾燥機の製造販売を開始。
10月 資本金1億円に増資。
昭和49年 3月 乾燥機の製造販売を開始。
7月 太陽熱温水器(サニオンヒーター)の製造販売を開始。
10月 赤外線オイルヒーター(Val.6)の製造販売を開始。
昭和50年 8月 浅羽工場増設と厚生ルーム完成。
昭和51年 4月 自動水分計(コメットS)の製造販売を開始。
農業施設センター工場完成。
昭和53年 1月 本社社屋完成。
昭和55年 5月 浅羽工場事務棟完成。
昭和56年 2月 電子事業部新社屋完成。
昭和57年 6月 放電加工機の研究を開始。
昭和61年 10月 技術センターを浅羽工場敷地内に建設。
昭和62年 5月 光沢面仕上げ電解加工機を開発。
昭和63年 1月 放電加工機組立工場稼働開始。
平成3年 12月 玄米低温貯蔵庫の製造・販売を開始。
平成5年 8月 生ゴミ自家処理装置の製造・販売を開始。
平成6年 2月 鈴木重夫会長に就任。鈴木直二郎社長に就任。(4代)
平成7年 9月 中国に大連事務所を開設。
平成9年 2月 資本金1億5,000万円に増資。
12月 各事業部、日本品質保証機構(JQA)によるISO9001認証取得。
第三者割り当てにより資本金1億6,000万円に増資。
平成10年 6月 中国大連遠江工貿有限公司開業。
平成11年 1月 環境機器事業部発足営業開始。
平成13年 7月 ISO14001認証取得。
平成15年 2月 有限会社ヤマナ企業と合併。
資本金1億5,355万円。
平成16年 4月 浅羽展示場完成。
平成17年 5月 中国大連遠江工貿有限公司を大連静岡製機有限公司に社名変更。
大連静岡製機有限公司・北京事務所を開設。
平成19年 7月 株式会社プランエコを設立。
10月 農産物直売所とれたて食楽部を開業。
平成22年 SHIZUOKA SEIKI CANADA INC.を設立
平成24年 静岡ハンソン株式会社を設立
平成26年 創業100周年
平成27年 5月 とれたて食楽部レストラン部門新設